のぼりに関する考察 のぼりというもの自体はお客様からして興味のあるものではありません。

のぼりのあるべき色とは

のぼりはよく街中で見受けられますね。

のぼり通販ドットコムhttp://www.nobori-u.com/c_page/1055/0001.html今ならこのような日替わりランチ500円という布が風でなびいているのはしょっちゅう目にするのではないでしょうか。

今回はそののぼりの色に関しての考察です。

まず、のぼりは不動産から飲食まで様々なものをアピールするために使われているためにそれぞれに適した色使いをしていくのは必須事項であると思われます。

激辛ラーメンのアピールなら当然のごとく赤色を基本とした色使いになるでしょう。

しかしそれだけでなく、TPOにあわせた考察が必要になるかと思います。

まず夜に使いたいのならライトの有無が大切になります。

夜にライト有りで使うのであれば、ライトの色も考慮に入れつつ用いられるべきでしょう。

ライトが使われないのであれば、かなり見にくいものとなります。

文章など書いてあってもまるで読めないでしょう。

それを前提に考えると、ワンポイントでビールジョッキのマークであるとか直感でシルエットさえ見えればわかるものを描くことが大切になると思われます。

また、飲み屋街などで周囲も自分の店もビールの冷たい感じの色使いでのアピールはあまり意味がないでしょう。

目立つ、人目をひくためのアピールであるのに周囲と同じになってしまっているわけですから。

こういうときには何か奇をてらった色使いが大切になるかと思われます。

のぼりの色使いは奥が深く、しっかり考えてから使用すべきものであるように思います。